京都観光メディアGOGOKYOTO

京都観光ガイド ! 絶対外さない観光スポットを紹介します

【京都の旅】嵐山~ 龍安寺などの世界遺産と京都らしい町の散策旅コース

龍安寺→嵐山→天龍寺や嵐山のシンボル「渡月橋」・竹林の小径 

 

京都で日本的で素敵なお庭が見たい!なんて計画していませんか? 

世界遺産「龍安寺(りょうあんじ)」は世界中の観光客が訪れる名所。 

理由は?

勿論奇麗な「石庭」です。 

 

7・5・3の配列で並べられた石と奇麗な白い砂が広がるお庭。 

 

このバランスのデザインがは無限の広がりを見せてくれ、美しいお庭としてずっと語り継がれています。龍安寺(りょうあんじ)のお庭はお寺のお坊さんが修行の一つである瞑想場として使用されるそうです。 

春になると桜の花が満開でとても心安らぐ限りの美しさに潤います。 

 

龍安寺詳細 

<龍安寺の営業案内> 

住所        〒616-8001 京都府京都市右京区竜安寺御陵下町13 

電話番号      075-463-2216 

営業期間      8:00~17:00(12月~2月 8:30~16:30) 

駐車場       100台 拝観者に限り1時間無料 

龍安寺のイベント詳細は公式サイトにてご覧ください 

 

<<龍安寺の行き方>> 

<京都駅から~バス> 

  • JR京都駅から市バス50番系統 立命館大学前下車 徒歩7分。所要時間は約1時間。
  • 西日本JRバス「立命館大学経由 高雄・栂ノ尾・周山行」に乗り、「龍安寺前」で下車。所要時間は約40分。ただし本数が少ないのであまり実用的ではありません。

<タクシー> 

 京都駅より龍安寺まで交通事情にもよりますが約2,500円~3,000円、所要時間は20分ほど。 

 

※京都駅のタクシー乗り場は2016年春より従前までの南口(八条口)乗り場から120mほど西の所に専用のタクシー乗り場が設けられました(現地に案内看板有り)。 

 

さて、この龍安寺の拝観が終わったら嵐山へ♪ 

龍安寺とは違う世界遺産である「天龍寺(てんりゅうじ)」や嵐山のシンボル「渡月橋」またその他にも、竹林の小径などの有名なスポットがございます。つぎの観光にはおすすめスポットです。 

同じ禅寺である「天龍寺」では龍安寺の石庭とは異なったタイプのお庭を楽しむことができます。龍安寺の石庭は眺めて楽しむお庭ですが、天龍寺のお庭は、実際に自分の足で歩いて楽しむタイプのお庭。 

天龍寺には池があり、その周りに石組みや植物が配置されており、石庭のシンプルさとは違った、複雑なお庭で違いを楽しむことができると思います。 

 

龍安寺から嵐山へは、電車かタクシーがオススメ。 

電車は「嵐電」が通っており、途中乗り換えがありますが同じ沿線で「嵐電嵐山駅」までたどり着きます。 

 

龍安寺駅から、嵐山駅までは11区間<約16分ほど> 

もう一つのオススメはタクシーで龍安寺から嵐山に行くルート。こちらは約20分ほどで嵐山に到着します。タクシーの場合途中に世界遺産の仁和寺を通り、嵐山まで向かいます。 

駅まで歩いたり待ち時間が発生しないので、寒い日や雨の日、足が疲れている時などには便利です 

 

<<龍安寺駅から嵐山駅への行き方>> 

 

~バス~ 

龍安寺(徒歩1分)  竜安寺前バス停/京都市営バス(市バス59号系統 12分  山越中町バス停/京都市営バス (市バス11号系統 14分) 

<平日:嵐山バス停/京都市営バス 休日:角倉町バス停/京都市営バス> 

 

~電車~ 

龍安寺から徒歩8分  龍安寺駅/京福電鉄 (京福北野線 9分)  帷子ノ辻駅(京福嵐山本線 8分)  嵐山/京福電鉄 

(合計目安は約30分程) 

 嵐山の散策スポット 

 

天龍寺や渡月橋から嵐電の踏切のほうへ歩くと枝垂桜の立派な法然寺さんがあります。 

嵐山の法然寺の枝垂桜。 

橋の長さは155m。渡月橋は嵐山というとまず頭に浮かぶ景色。平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったそう。 

2001年3月に橋はリニューアルされました。また南に映る嵐山秋は紅葉・春は桜などの風景が素晴らしいです。 

 

渡月橋の景色を存分に楽しんだ後は・・・川渡体験してみましょう! 

嵐山の渡し船 

 

嵐山の渡し船は400円 

季節時に素敵な景色を違う角度から味わうことができるのは間違いありません! 

嵐山の渡し船を楽しんだ後は・・・竹林へいざ! 

嵯峨野 竹林の道 

嵐山の竹林の小径は、渡月橋や天龍寺から常寂光寺や二尊院に抜ける道筋なので、たくさんのひとが歩く道です。 

夜にライトアップ<嵐山花灯路> 

 

大河内山荘庭園 

嵐山の竹林を抜けたら薄暗い大河内山荘庭園の入り口。 

中へ入れば明るく美しく広大な大河内山荘庭園がご覧いただけます。 

なだらかなアップダウンの庭園を散策した後は、鶴屋吉信のお菓子とお抹茶でのんびりと過ごしてください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です